「キッズヨガ」家で簡単にできる!子どもの前屈を深めるヨガテクニック

JAHAヨガスタジオの画像

JAHAヨガスタジオ

レッスン講師: 築山 萌 192 Good
Share

関連
オフィシャルサイト
新着ブログ
レッスン情報
JAHAヨガ資格講座

 

キッズヨガでマスターする前屈のコツ: 子どもの柔軟性を高める方法

 




キッズヨガで改善する子どもの前屈のコツ



子どもたちが意外と苦手とする前屈のポーズ。
反る動きは得意でも、なぜか前屈が硬いという子も少なくありません。
特に朝の時間帯は、体が硬く感じることも。ここでは、キッズヨガを通じて子どもたちの前屈をサポートする簡単なコツをご紹介します。



1. 骨盤の前傾を促進



● 座り方の工夫: 床に直接座る代わりに、ブランケットやクッションを利用して少し高い位置に座ることで、骨盤の前傾が自然と促されます。
この小さな変更は、腰部から背骨にかけての自然なカーブを保ちつつ、前屈の深度を増すのに役立ちます。特に、朝の時間帯に体が硬い時に、この方法は前屈のポーズを取りやすくします。



2. 股関節の活用



● 脚の付け根の引き込み: 前屈を深める際、脚の付け根を股関節に向かって強く引き込むことがポイントです。
この動作は、太ももの裏側の柔軟性が不足している場合に特に有効で、膝をわずかに曲げることで、より容易に股関節を深く引き込むことが可能になります。



3. 肩の外旋で背中を伸ばす



● 肩の位置を調整: 肩を外側に軽く回転させ、肩甲骨を背中の中央に引き寄せることで、背中が自然と伸び、背骨が真っ直ぐに保たれます。
この調整は、前屈のポーズ中に背中が丸くなるのを防ぎ、より効果的に体を前に折りたたむことを可能にします。



4. 視線の方向



● 視線を前に: 前屈中、視線を下向きにすると、背中が丸まりがちです。腰から背骨、頭のてっぺんまでを一直線に保つよう意識し、視線を前方に向けることで、背筋を伸ばし、前屈の効果を高めます。
この一連の流れを通じて、子どもたちは前屈のポーズをより深く、かつ安全に行うことができます。




まとめ

 

キッズヨガでは、これらのシンプルなコツを取り入れることで、子どもたちの前屈のポーズを効果的にサポートします。
楽しみながら、お子さんの姿勢を整え、柔軟性を高めることができるため、毎日のルーチンにキッズヨガを取り入れてみてはいかがでしょうか。
親子で一緒にポーズを取ることで、より楽しく、効果的な時間を過ごすことができます。





▼JAHAヨガ資格講座一覧▼
1706063014-Cgm1U.png



予約バナー

ラインアット

 

関連
オフィシャルサイト
新着ブログ
レッスン情報
JAHAヨガ資格講座

 


産後ヨガレッスン

北海道,青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県,鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県,徳島県,香川県,愛媛県,高知県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島,県沖縄県

この記事をシェアする

Course 通学/通信講座