子どもの姿勢とやる気の法則!【東京都大田区】キッズヨガ

PeaceYogaTokyoの画像

PeaceYogaTokyo

レッスン講師: kaori(かわむらかおり) 58 Good
Share

こんにちは✨だんだんと暑い日も増えてきましたね🌞

今日は「子どもの姿勢とやる気の法則」についてお話したいと思います😊

 

我が家のこども達は10歳と7歳ですが

学校が休校のこの2ヵ月間、宿題や自主学習をこなすためにどんな計画で進めようか…

モチベーションはどうやって保とうか…

悩みました😨

最初の1ヵ月は予定表を作り、クリアできたら毎日シールを貼っていこう作戦!
トイトレの時はこの方法で成功したのを思い出しました( ´艸`)
ご褒美を決めておいて、全部シールが貼れたらそれがもらえるという作戦🍬
なんとか計画通りにこなすことができ、ご褒美がもらえて大喜びでした💛

2ヵ月目はだんだんと休校生活にも慣れてきたので
シール計画表はなしで1日のやる事を自分たちで考えさせて過ごしてみました。

結果、思ったことは

「やはりシール計画表があったほうが自分から進んで机に向かっていた」でした。

予想通りですが(;^ω^)

 

「ちょっと頑張ればクリアできる目標を掲げて、クリアさせてあげること」

「子どもたちのモチベーションにつながっている」のだなと改めて感じました✨

 

さて、姿勢についてですが

①私にガミガミ言われて仕方なく机に向かった時

→頬をつく。足をたてて座る。とにかく猫背…。机とイスの距離が遠い。

シール作戦をとらなかったこの5月は特に多かったです。

 

②目標達成を見据えて机に向かった時(シール貼る目標ですね)
→机とイスの距離が適度に近い。よって腹筋背筋が自然と伸びている。

とにかく集中していてスピード感がある!
※あまり集中していると、だんだん机と目が近くなり、肩が上がっていたので

その時は肩を外に向かってそっと撫でてあげました。肩の力が抜けます😊

 

この差は一目瞭然でした。

親としては子どもに次々と目標を与えたくなるものです。

この目標の立て方は「ちょっと頑張ったらクリアできる」位の絶妙なハードルに

設定してあげることが、子供のやる気とモチベーション維持につながると思います😊
やる気、モチベーションがある時は自然と姿勢も良くなります◎

そう、子どもの姿勢の良さとやる気は比例しているのです!!

 

キッズヨガはこの「小さな成功体験」をしっかり感じ取ることができ、

自分を認め、自分の能力を信じて次の目標に向かう土台を作ることができます。
無理なくチャレンジできるポーズや、お友達と協力して行うペアポーズなど

キッズヨガのあとは達成感にあふれ、次のチャレンジ精神へとつながります。

また、ヨガは体幹やインナーマッスルを鍛える効果があるので、良い姿勢をキープするためにも効果的ですね✨

 

勉強の前に「ロウソクの呼吸」「花の呼吸」を行い、呼吸をコントロールしてから臨むことも大変オススメです✨

自律神経の乱れを正すために自分の意思で行えることは「呼吸のコントロール」なのです✨

 

1590381188-MsMht.jpg

↑花の呼吸はこんな感じ🌸

 

長くなってしまいましたが、

子どもたちのやる気を引き出すためにキッズヨガを上手く取り入れていただきたいです😊

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♡

素敵な1日をお過ごしください😊

 

【PeaceYogaTokyo】の情報はInstagramや公式LINEにて配信していきます↓

【Instagram】☆フォロー大歓迎です☆
https://instagram.com/peaceyogatokyo?r=nametag
【公式LINE】☆友だち追加お願いします☆

https://lin.ee/y2206wCs

この記事をシェアする

ベビーヨガ&ママヨガ無料体験会 ベビーパークヨガ無料体験会

Course 通学/通信講座