ヨガでバランスを整える:花粉症対策の東洋医学アプローチ

JAHAヨガスタジオの画像

JAHAヨガスタジオ

レッスン講師: 築山 萌 192 Good
Share

 

関連
オフィシャルサイト
新着ブログ
レッスン情報
JAHAヨガ資格講座

 

花粉症対策はヨガから:東洋医学で体の内側から改善










花粉症対策:東洋医学からのアプローチ





春の訪れと共に、多くの人々が花粉症の症状に悩まされます。鼻水やくしゃみが止まらないという症状は、日常生活において大きな支障をきたします。

しかし、これらの症状を和らげるためには、単に症状を抑える薬に頼るのではなく、体の内側からのアプローチも重要です。


東洋医学では、「肺」と「大腸」のバランスが健康の鍵を握るとされています。これらの臓器は、私たちの体を外部の侵入者から守るバリア機能に大きく関わっています。

特に「肺」は、体内の津液を調整し、皮膚を通じて体を守る重要な役割を果たします。花粉症の症状は、このバリア機能が弱まることで、「湿」と「熱」が体内に侵入し、それが鼻水やくしゃみとして現れると考えられます。




対策としての生活習慣の見直し




東洋医学の観点から花粉症に対処するには、日々の生活習慣を見直すことが有効です。


 呼吸法とヨガ:
「衛気」と呼ばれるバリア機能を高めるために、深い呼吸法やヨガの実践が推奨されます。ヨガのポーズの中には、特に水分バランスを整える効果が期待できるものがあります。




食生活の改善:
胃腸の健康は全身の健康に直結します。さっぱりとした野菜中心の食生活を心がけ、体を内側から潤す食材を意識して取り入れましょう。ショウガや青じそ、大根、白きくらげなどは、特に「肺」を潤すのに適した食材です。





実践への意欲





私自身も、去年から東洋医学について学び、その知識を日常生活に取り入れることに挑戦しています。理論だけでなく、実際にこれらの生活習慣を取り入れることで、花粉症の症状緩和に効果があると信じています。

特に、早寝早起きやバランスの取れた食生活への変更は、誰にでも実践可能な対策です。



花粉症に悩まされる季節は、体の内側からのケアを意識する絶好の機会です。

東洋医学の知恵を取り入れ、この春を快適に過ごしましょう。


▼JAHAヨガ資格講座一覧▼
1706063014-Cgm1U.png



予約バナー

ラインアット

 

関連
オフィシャルサイト
新着ブログ
レッスン情報
JAHAヨガ資格講座

 


産後ヨガレッスン

北海道,青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県,鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県,徳島県,香川県,愛媛県,高知県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島,県沖縄県

この記事をシェアする

Course 通学/通信講座