ヨガ資格取得後ありがちな失敗『ヨガインストラクター』

JAHAヨガスタジオの画像

JAHAヨガスタジオ

レッスン講師: 築山 萌 46 Good
Share

ヨガインストラクターでありがちな失敗

 

JAHA協会では女性のトータルサポートとして4種類資格講座と3種類のコースで資格取得が可能です。

 

 

ヨガ未経験者がヨガ資格取得後に失敗①


ヨガインストラクター資格講座を受講してヨガインストラクターとなりました。ここまではある程度到達できると思います。しかしここからがとても重要です。

ヨガインストラクターとなり次の段階になります。

①ヨガスタジオに社員として勤務する
②フリーランスとなりヨガレッスンを受け持つ
③自身で教室を開講する
④今の仕事場でヨガ資格を活かす

 

①ヨガスタジオに社員として勤務する


この場合はそのヨガスタジオでの特色もありますが、社員枠があれば勤務は可能だと思います。ただ社員となる以上ヨガレッスン以外の雑務も多くまた新規生徒様の集客などノルマなどあるスタジオもございます。この部分は良く良く話し合い双方理解する必要がございます

②フリーランスとなりレッスンを受け持つ


ヨガインストラクターではこのお仕事スタイルが一番多いかと思います。自分のライフスタイルに合わせてヨガを行う事が出来る。誰にも縛られず。まさに自由・・・

しかしフリーランスはオーナーとの契約でなりたってます。自由だからこその反面いきなり契約解除はございます。また体調不良などで休みが続いたとしても安定したお金はありません。ただヨガ技術1本で収入を得る事も出来るお仕事
人気講師になれば逆オファーも増えフィーも交渉出来る立場にもなります。

③教室を開講する


教室を開講するこのスタイルも多いです。といっても規模感は色々とあります。コミュニティーセンターで開講する。レンタルスタジオで開講する。ヨガスタジオをオープンする。

規模感はありますが、初期費用が余りかからない方法もある事で開講もニーズがあります

しかし上記2つと違い教室開講はすべてご自身で行う事が必要になります。オーナ―件プレイヤーなので、集客やレッスンやスケジュールや場所代やSNSやHPなど展開して行く必要があります

 

問題解決出来るヨガインストラクターに!!

ヨガ女性問題解決

ヨガレッスンに参加される方は問題解決をしたくてレッスンに参加されます。ダイエットをしたい、ストレス解消したい、肩こりや腰痛がひどいなど問題を抱えています。

 

その部分の問題を解決できるヨガインストラクターになる事を意識して参加者の問題を解決して行きましょう。

 

ヨガ資格を取得したら失敗は恐れずに経験を積む事が大切

 

ヨガ資格を取得しても自信が出なく一歩踏み出せない事もあります。オーディションに参加してレッスンを受け持つ事が出来ないのならさらに学ぶ必要はございます。

ただ一番の問題は、自信が無く何も出来ない場合です。オーディションに行く事もせず。何も行動をしないのは勿体無いです。落ちるも勉強と思い

まずオーディションに行ってご自身の実力を見る事も大切です。資格を取って経験を積む事でヨガインストラクターとして成長して行きます。

公民館などで開催する事やヨガスタジオでレッスンを受け持つ事など経験を積んで行きましょう。

JAHA協会のヨガインストラクター資格講座

 

JAHA協会では3種類のコースでヨガ資格を取得頂けます。

●実際にスタジオに通う通学講座

●リアルタイムでオンラインで学ぶオンライン講座

●DVDを使った通信講座

 

JAHA協会では4種類の資格講座をご用意

●骨盤スリムヨガ
●ベビーヨガ&ママヨガ(産後ヨガ)

●リトル&キッズヨガ

●ベビーチャクラマッサージ

▼詳しくはこちら▼
ヨガ資格一覧
お問合せ

この記事をシェアする

Course 通学/通信講座